借金返済物語

カードローンや消費者金融などで膨れ上がった借金を返済するに至った体験談を掲載!

信じた人に裏切られ、借金を背負った体験談

クレジットカードの「家族カード」を妻に悪用され、貯金0! さらにキャッシングも限度額まで利用されていたことがわかり、事実上の離婚へ

投稿日:

結婚して数年が経ち、現在は妻と別居中です。
別居の理由はお金の問題が家庭内で起こりました。

昔の人はお金の「円」が「縁」とはうまく言ったものです。今回経験した我が家のお金騒動をお話します。

 

結婚して、幸せな家庭を築くはずが……なぜか冷たい態度の妻

学生時代にバイト先の飲食店でアルバイトをしていた同い年の妻と出会い、卒業して2年弱で結婚をしました。

中小企業の工場勤務している僕の手取りは約25万円程度。妻は結婚と同時に新卒で入社した会社をすぐに辞めてしまい、パートで月に数万円といった生活をしていました。子供の頃から貧乏性の僕は、無駄遣いとは無縁の生活です。真面目な性格の妻にお金の管理を任せて少しずつですが貯金もしていました。

しかし、結婚してしばらくすると、だんだんと妻からの僕に対する態度が冷めていくのがわかりました。何が原因なのかと考えてみましたが、思い当たるふしはありませんでした。

そもそも妻をそんなにイライラさせるような要因は何だろうか?
給料が安いから?
もしかして浮気だろうか?

疑問に思っても聞く勇気はなかったんです。

仕事も忙しく、何よりも早く役職が付くように頑張っていたので、正直なところ放っておいたのです。
仕事で役職がついたらマンションを買おう、そうすればまた仲良くなれると思っていました。

しかし、どんどん下がっていく家庭内の温度。しばらくして主任になった僕は、自宅へ帰るなり「主任になった!」と喜んで報告をしましたが、妻の返答は「給料あがるの?」という冷たい一言だけでした。元々、給料あがらないの?とよく小言を言われていたので耐性はありました。

この時はまだ気づいていませんが、後に僕が離婚を真剣に考えるほどの事を、妻は起こしていました。そうです、お金の件です。

 

経歴やクレジットヒストリーに傷はないはず。なのに通らないローン審査

主任になり数ヶ月がすぎて、驚くべき事実が突然発覚します。
アパートの更新時期が近づいたということもあり、中古のマンションを買おうと僕は計画をしていました。

今の家賃よりも多少支払い額が上がっても、もう一部屋、できれば二部屋増やしたい。今でこそ冷えた家庭環境ですが、そろそろ子供も欲しい。それにマンション買ったら、妻が僕を見直してくれるのではないかと。

大きなスーパーや病院もあり、治安が良く、可能であれば犬も一緒に住める中古マンションを妻と話し合って決めて、後日不動産屋さんへ相談へ行きました。

何箇所かの部屋を見学させてもらい、部屋を決めて、必要書類をまとめて、審査を受けて、晴れてお引越し、、、となるはずでした。

でも、まさかの審査に落ちるなんて。なぜだろうか。

普通に考えて、審査を可決する自信は大いにあったんです。今までクレジットカードや、独身時代に買ったテレビのローンも数年前に完済済みですし、公共料金も含めて滞納したことは1度もありません。積立貯金だってしていますし、そもそも僕はお金をあまり使わない生活です。

クレジットカードにはクレジット機能とキャッシング機能がありますが、利息が高いだろうからとキャッシングは利用したこともありません。車も持っていないし、会社の飲み会も殆どないのでカード支払いもしないし、たまに出張で新幹線の支払いに使う程度です。
今もっているクレジットカードを大切に使っていたのです。

小さな会社ですが業績も悪くないし、何よりも正社員で役職もあります。不動産の審査で落ちるとは考えてもいませんでした。

しかし、否決という現実。脳天に突き刺さりました。

否決という結果を残念そうに僕に伝えた不動産屋さんの顔を今でも鮮明に覚えています。

 

別の不動産会社でも審査落ち……。すると妻から衝撃の告白。

なぜ審査が否決になったのか、理由がわからなかったのですが、妻と自宅に帰り引越をどうするかを話し合っていました。
審査が通らなかった理由はわからないので、とりあえず別の不動産屋さんならば良いかもしれないとの妻の言葉で、次の休みに別の不動産屋へ行くことになりました。

きっとあの不動産屋の審査は厳しいと思い、自分を納得させました。

そして、別の不動産屋さんでも結果は否決。

そこで、不動産屋さんのカウンターで、妻が急に泣き出して、僕に謝ってきました。驚く不動産屋さんの担当者と僕。

自宅に戻って妻の方から驚くべき告白がありました。

僕の名義のクレジットカードは、妻も買い物で使えるようにと「家族カード契約」です。その僕名義のクレジットカードで、妻が買い物とキャッシングのフルコンボでした。

そしてその返済にと妻が自分名義のクレジットカードを作りキャッシングを利用して、僕名義のクレジットカードの返済をしていたのです。

つまり、妻によっていつのまにか我が家は借金まみれに。支払いも滞っている状態になっていたのです。

妻名義のキャッシングはすでに限度額となっており、その返済のために大手消費者金融や、中小規模の消費者金融からも借入をしていました。まさにもう首が回らない状態になっていたのです。

そして妻の携帯電話の着信履歴は、知らない電話番号(おそらく督促電話)からの着信で埋まっていました。

*カードの借金は当然ながら契約者に返済義務があります。

そしてもちろん家庭の貯金は0円に。ここ数年で妻が使い切っていたのです。

お金の使いみちは化粧品、エステ、美容室、洋服などの他に、学生時代の友人との遊び代やタクシー利用もしていたとか。
学生時代の友人達の旦那さんは、皆さん大手企業勤務ばかりだと。そのため妻は大きなコンプレックスを感じていて、友人には良い生活をしているように見せていたと。友人の旦那さんに比べると、僕との生活が恥ずかしかったと。

頭の中はスキー場みたいに真っ白でしたが、「あのさ、離婚しようか」と口にしてしまいました。

 

新しい人生を始める。……その前に、精算しなければならない過去と借金。

結局、僕に残されたのは更新間際の賃貸アパートと約250万円の借金。
辛い現実を突然突きつけられた僕。

1人で考えたい僕はタバコと小銭をポケットに入れて、近所のドトールへ行きました。現実逃避がしたかった、この部屋から出たかったのです。220円のコーヒーがとても贅沢に感じました。

コーヒーを飲みながら、「何がどうして、こうなったんだ?」と自問自答。答えは出ないが、自宅にまだ戻りたくない。

そしてメールが妻から入ります。

「いままでごめんね、出ていくね」

僕はコーヒーを飲みながら携帯の文字を見つめることしか出来なかった。何も考えられずボーっと何十秒かのあいだ、その数文字を眺めていました。

借金の事実を告白した妻は、すぐその日の夜に出て行きました。特に別れの挨拶もなく、「じゃあ、いくね」の一言だけ。

隠れて借金を作り、貯金を使い切ったこともイライラするけど、まさか僕の事が友人に恥ずかしいと思っていたというところが本当にショックでした。

次の休みに久しぶりに実家に帰り、両親に事情を説明して、250万円を一旦立て替えてもらって、僕の名義と妻名義のクレジットカード会社などへ返済をしました。

家族カードはすぐに解約してもらうことにして、毎月少しずつですが両親に借金を返済しています。

あれから約1年、妻は妻の実家に住んでいますが、まだ離婚はしていません。僕の両親からは離婚を勧められていますが、妻の両親からは一度電話で謝罪があっただけです。これからお互いどうするかを話し合う必要がありますが、また明日、また来週にしようかと時間だけが過ぎていきます。

今回のこの件で反省点はいくつかあります。

仕事にばかり集中して、家庭内の会話やコミュニケーションを疎かにしたこと。

妻の機嫌を悪くしないために自分の考えを述べることを放棄していたこと。明日からでいいやと面倒なことを後回しにしていたこと。

お金の管理を完全に任せていましたが、僕と妻のダブルチェックをする機能を持たせていなかったこと。これに関しては疑いを持つというより、もしも妻が入院した場合などの緊急時に、僕が対応できるよう必要でした。

最後に、ひとりの男性として魅力がなくなってきたこと。妻が友人に恥じてしまうような男性になってしまった事は大きなショックでした。
これからの人生をどう生きていくかなど、まだまだたくさんの課題があります。キチンと話し合ってお互いに一番良い答えを見つけていきます。

-信じた人に裏切られ、借金を背負った体験談

Copyright© 借金返済物語 , 2018 All Rights Reserved.